S&P500に関連した記事

S&P500とは、 米国株式市場における代表的な指数で、米国および世界の株式市場のベンチマークとして機能しています。
S&P500は投資でもトレードでも対象にすることができます。
投資の場合はETFや投資信託を利用します。NISAやIDECOなどの非課税口座を使用することもできます。
トレードの場合はCFDを利用してレバレッジをかける場合と、ETFなどで比較的長期のトレードをする場合があります。

S&P500

サーキットブレーカーとは?(米国株)発動条件と値幅制限を詳しく調べてみたよ

投資家・トレーダー向けにサーキットブレーカーの詳しい発動条件、値幅制限について説明しています。
S&P500

S&P500のセクターは市場テーマとの接点となる。

米国株の動きを見るときにセクターごとの動きを見ていくことで、市場のテーマを把握することができます。セクターごとの基礎知識や、他の経済主体との関係、S&P500との相関性などを見ていきましょう。
S&P500

ダウとS&P500のどちらをトレードするべきか

ダウとS&P500は極めて相関性が高く似たような動きをしますが、どちらをトレードするのがよい良いのかを説明しています。
S&P500

S&P500連動のETF/投資信託を徹底比較。実はコストよりもパフォーマンス差のほうが大きかった?

S&P500連動のETFと投資信託を徹底比較しました。コストだけではなくETFのパフォーマンス比較も行っています。
S&P500

世界一わかりやすく誤解を解くレバレッジETFの値動きの仕組み~「要は2倍動くんでしょ?」⇒アウト!!

レバレッジETFの値動きについてよくわからないで投資している人って実はいっぱいるんです。本当によく理解して投資するかどうかでその後のパフォーマンスに大きな違いがでてきます。
S&P500

急変! 一体何が? 情報ソースの確保のすすめ

市場の急な動きの原因をとらえるには、twitterを利用することが一番です。一般のニュースサイトとの使い分けも含めて解説しています。
S&P500

市場は時間帯ごとに顔を変えます あなたはついていけますか?

米株指数をトレードするときには、一日の流れの把握と時間帯ごとに適切な戦術をとっていく必要があります。
S&P500

金融市場作業部会とは? 米国株式市場を救う暴落阻止チーム!

暴落阻止チーム(PPT)は米国株式市場が暴落したときに招集される特別組織です。関係機関調整して市場の安定に努めます。
S&P500

ダウ、S&P500のCFDトレードならGMOクリック証券は外せない

ダウ、S&P500をCFDでトレードするならGMOクリック証券が優れている理由を 手数料、スプレッド以外の観点からも説明しています。
S&P500

数あるCFDの中でS&P500をトレードする理由

CFDには様々な銘柄がある中で、なぜS&P500をトレードするのが一番よいのかを説明しています。